クウェート留学の戦い

10日ぶりの和食、ハクがくれたおにぎり

昨日、ハワリというクウェートの神保町へ行きましたが、そこには神保町がなく、意気消沈して児童向けのアラビア語の絵本3冊だけ買って帰りました。幼児バル佐藤です

 

今日は授業後に大使館の方と食事のため、クウェートの名所の一つであるクウェートタワーで日本食レストランで食事をしてきました。

クウェートタワーはこんな感じの、金をかけた不安定なジェンガみたいな建物です。

大使館の人に奨学金の電話面接の裏話やら、クウェートでの労働者問題や男女の問題やら、国籍問題やら、いろいろとお話を聞きました。

クウェートって、イスラムの国なんですけど、原則的に未婚の男女が外で一緒にいるのが法律で禁止されてるんですね。なので、もしその様子が警察に見つかった場合、結婚するか否かを問われ、もしクウェート人の男性が”No”と言ったら、警察署へ連行されるらしいです。(他国の留学生にて前例あり)

とんでもない話ですよね。

そんな話をしつつ、牛肉を食べ、天ぷらを喰らい、寿司もラーメンも食べたので今は最高の最高、幸せの有頂天です。

久しぶりに和食を食べたこの気持ちを表すなら、千と千尋の神隠しでハクがこっそりと渡したおにぎりを、千尋が泣きながらモグモグ食べるシーンがあるじゃないですか。

あれでした。

早くビールと生姜焼きが食べたいなあ

 

昨日買った児童向けのアラビア語の絵本をアラビア語の辞書サイトアラジンを駆使しつつ読んでいるのですが、今まで見たことの無いイディオムがわんさか出てきてすごく楽しいです。

脈絡のない話をもうひとつ続けると、オーストラリアから単独で来た女の子が、最近英語ではなくてアラビア語で日常的に話すように心がけている様子が伺えます。すごいなあ。一方私はなんだか毎日悔しくて後悔してため息をつきながら眠っています。

まずはアラビア語の習慣づけから始めたいな。

 

いつも以上に支離滅裂な文章でしたね。ハンニバル佐藤でした。

 

 

ذهبت إلى أبراج الكويت لأقابل موظف بالسفارة

أكرت الطعام اليابان معه

أريد أن أنام باكر اليوم

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です