クウェート留学の戦い, 留学事前準備

渡航手続きは戦

はじめまして。ハンニバル佐藤です。

名前にはあまり突っ込まないでほしいです。

先日2018-19年度のクウェート政府奨学金に合格し、中東にある小さな国、クウェートで1年間アラビア語を学ぶ予定です。

合格通知を貰ったのが今月の7月12日。渡航予定は9月中頃という超絶急なスケジュールで動いているのですが、この渡航手続きがアホみたいに面倒くさいのでこの投稿では文句を書き散らそうと思い手を進めています。

将来クウェート政府奨学金を狙っている者ども、心して読めよ。

胃痛の原因、滞在ビザ

大変私事ですが(ブログに私事以外書きゃしませんが)、私は胃のストレス耐性が大変低いです。で、この1か月間は胃痛の連続でした。

クウェートにかかわらず海外に長く滞在するにはビザが必要になりますよね。

この留学では滞在ビザというものを取得する必要があるのですが、合格通知時に滞在ビザ取得のための必要な書類が提示されます。

そのふたつがこちら。

  1. 犯罪経歴証明書
  2. 健康診断書(英文)

今回はこの犯罪経歴証明書について書き殴ろうと思います。

犯罪経歴証明書の取得でクレーマーデビューをした件

犯罪経歴証明書の取得のためには、住民票がある県の警察本部にて発行する必要があります。

私の場合は埼玉警察本部にて発行の手続きをすすめていたのですがそこでまずトラブル①

滞在ビザの発行のための犯罪経歴証明書のために滞在ビザを請求される

ん?何を言っているか分からない?

それでは事例を紹介して説明していきますね。

 

〜ここでの登場人物〜

①ハンニバル佐藤 ②埼玉警察本部 ③在日クウェート大使館 ④在クウェート日本大使館

ハンニバル佐藤「もしもし、犯罪経歴証明書のためにご連絡させていただいたのですが・・・」

埼玉県警本部「はい、どういった目的で?」

ハンニバル佐藤「(あっこれ進研ゼミでやったつだ・・・!留学手続きに書いてあった通りに言おう!)クウェートへのアラビア語の留学です。云々・・・」

埼玉県警本部「あ~そうしたらビザの申請書を持ってきていただく必要があります。」

ハンニバル佐藤「はい?ビザの申請のために犯罪経歴証明書を取得したいのですが?」

埼玉県警「規定ですので・・・」

????

 

その後何度話をするも話は進まず。仕方がないので在日本クウェート大使館へ連絡し、事情を話す

クウェート大使館「あ~(笑)じゃあHPにある査証(ビザのこと)を片っ端から印刷して警察へ届けてみてください!(笑)それで通った前例があるので(笑)」

片っ端から??????

 

不穏な空気が漂い始めるも仕方が無いので片っ端からビザの申請を始めました。査証一覧の中の一番上に、ネットでビザが申請できるeVISAというものがあったので、寮の住所確認のため在クウェート日本政府に連絡。

在クウェート日本政府「手引きに記載してありませんか(あるよなあ?)。それと、勝手なビザの申請はやめてください(怒)クウェート大使館で一括して申請するので(怒)」

めっちゃ怒っとるやんけ。

 

聞くところ聞くところ全てで主張が一致してないので途方に暮れ、過去の留学生に相談したところ

留学経験者「いやあね、それは警察を倒すしかないですよ。強気で行きましょう。」

警察を倒すしかない。

私がやっているのは学生運動か何かか?

 

つまり

「VISAの取得のために犯罪経歴証明書が必要」→「経歴経歴証明書の取得のためにVISAが必要」

というパラドックスが起きている状態です。その解消のためには警察を倒さなきゃならない。警察を倒さなきゃならない。

私はクレームのコールセンターで働いているのですが、クレーマーデビューが国家権力だとは思いもしませんでした。

 

その後決死の覚悟で埼玉警察本部に連絡をし、

「他県じゃ取得できてるのにここじゃ取得できないはずはないですよねえ???」

「VISAの申請書のための犯罪経歴証明書なのにVISAの申請書が必要っておかしくないですかねえ???」

と詰め、「今回は特例として」ということで取得にありついたわけですが、まあ心が痛いのなんの。

警察の方も規定通りに仕事をしており、この件において悪者はどこにもいないのです。そう、悪いのはシステムなだけであって。

この、詰めている相手が善意であるにも関わらず強気に出なきゃいけないというのは、ハンニバルとしてはかなり辛いところがあり、こっそり落ち込みました。胃も痛みました。

 

それにしても、クレーマーっていうのはすごいですよね。

こんなことを毎日やっているわけでしょう?他人への共感だとかシンパシーだとかそういうものを全て断ち切らないとできる技ではないです。

でもこういう場合においてしっかり主張をする、強めに出る、というのは絶対に大切な能力ですよね。特に、クウェートという日本より比較的適当な中東の国では、日本より適当なことはいくらでもあると思います。そこで強気にでないと搾取される一方ですから。

搾取されたくないよね、何事に関しても。

 

ということで明後日、申請した証明書を取りに埼玉警察本部に赴く訳ですが、これ以上のいざこざが重ならないことを祈っています。

 

まさか最初の投稿が愚痴になるとは思いませんでした。

相変わらず暑いですね。皆さん体調には気をつけて。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です